Toma Que Toma !
広瀬麻奈 Mana Flamenca の日々是好日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お能とフラメンコと書と
久々のフラメンコ日記。
今年は、ちょっとばかし人生が忙しく(苦笑)
なかなか、どぷっとフラメンコに浸かれないのが
少々悔しい。でもその分目に見えない栄養を沢山
戴いています。

そんな、栄養の一つ。

この連休は今年で参加してから4回目となる
古代文字アートの展覧会でした。

今年は主宰の天遊さんの独立5周年、そして天遊組
も5周年を迎えるという事で、これまでにない気合
いの入ったイベントになりました。

作品作りはもちろん、夜のイベントが三日三晩スペ
シャルゲストを迎えてのトーク&ライブパフォーマンス。
ご縁をたぐり寄せて集ってくださったのは数学者の
上野健爾先生、シンガーの原順子 with Kano Osuke、
そして最後は金剛流シテ方の宇高通成先生。

それぞれに、本当に興味深い方々ばかりでもっと色んな
お話や、歌声を聴きたかった〜。

中でも舞をなさる宇高先生のお話はやはり芸を究めた方の
シンプルだけど奥深いお話は全てに通じるものだったなあ。

「稽古は本番のように、

そして本番は稽古のように

すればいいのですよ。」


とてもシンプルで優しい言葉なのに、真の言葉。

本番だ、練習だと山谷を作らず、常に集中力をもって
踊る。

そういうことなんですね。

そして、呼吸法の時にさりげなく「まずは吐いて。」

吐くから入ってくると、既に意識はあったものの、つい
まず、吸い上げてしまう。そうすると確かに横隔膜から
下に気が入らない。まずは、吐く。すると炭田にぐっと
力が入る。この感覚、すごく大切な気がする。

私は以前、お能に関わってお仕事をしていた時期があり
2年8ヶ月と短いながらも、とーっても濃い時間だった。

その延長線上にフラメンコと出会ったこともあり、私の
中でお能とフラメンコは根っこで繋がっている。

清濁あわせもって和となす。
喜怒哀楽すべての心と魂への生命讃歌。
不条理の中に生きる人々の叫び、そして発露。
舞うもの、観るものの中に起きるカタルシス

そんなことが共通している様に思うのだ。

そんな感覚がこの呼吸を通して繋がった気がした。
ぐぅっと込めて、何かがわき出してくるのを待つ。
そして、ジャマーダ〜レマーテへ!
序破急だよね、これ。

そして思えば、書も同じだ。
悶々となかなか出ない「線」を求めながら書き続け
呼吸が通った時にずばっと「線」が顕われる。

能とフラメンコと書と。

少しずつ私の中でぐるりぐるりと混ざり出したかな。
このまま私の「LINE」を繋げつつ、精進、精進。


スポンサーサイト
copyright © 2017 Toma Que Toma ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。