Toma Que Toma !
広瀬麻奈 Mana Flamenca の日々是好日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
踊るということ
このところ、続けて「踊る」映画を見た。
ピナ・バウシュの「踊り続ける命」と「夢の教室」
そして、二度目の「フラメンコ・フラメンコ」

人生を「踊ること」にかけている、いや踊ることで
人生を創り出している人たちの世界をとっぷり味わった。

私はそんな人たちの足下にも及ばないけれど、
踊ることを抜きに日常が成立たなくなっている。
それで身を建ているかどうか問いことではなく、
生きることが成立たなくなっているのだ。

踊ることは呼吸。
肉体的な呼吸だけでなく、感情や精神、そして何か
大きなものとの一部になる為の見えない体の呼吸。

言葉で語り尽くせないものを語り、自分を今ここに
存在させる。

踊らなければ、それが実際に体に溜まっていく。
筋肉に住み着く様に。そして、自分のものではない
言葉に思考は支配される。

ピナが言う。

怖がらないで踊ってごらん。

そして、

踊り、踊り、踊りなさい
自分を失わない為に。

命を紡ぐために
私達は踊るのだ、な。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Toma Que Toma ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。