Toma Que Toma !
広瀬麻奈 Mana Flamenca の日々是好日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愉快な仲間達 en Alhambra
Alhambra1267


先週の木曜日、4度目となる”愉快な仲間たち”との
ライブが無事に終了。今回はこのメンバーで初めての
アルハンブラライブでした。

一言、本当に気持ちのいいライブとなりました。

私は、こんなフラメンコが好き。というところが語らず
ともわかる、そんな仲間です。

そして、群れるよりはマイペース。

アーティストの小倉さん、森さん、すがさん合せて
9人の大所帯ライブでしたが、打ち上げでB&O+1 AB
というかなり偏った(笑)チームだったことが判明。

居心地の良さを妙に感じたチームBでした(苦笑)

今回私は諸事情から最後のトリとなり、かなり緊張気味
でリハの時はこのまま家に帰ろうかと思ったくらい。
しかし、本番は思いがけず大きなものに包まれるように
気持ちよく踊ることができました。

私の前に踊った5人のそれぞれの真摯なフラメンコの
アイレが、舞台上に残されていて、それがしっかりと
私を支えてくれたように思います。バックのアーティスト
の力強い音楽、そして見えない大きな存在達と一緒に踊れた
感覚がありました。途中で涙があふれそうでした。

決して一人で踊っているのではないと、改めて教えて
もらった一番となりました。

ほんとうに感謝でいっぱいです。
ありがとうございます。
アルハムブラ*ライブご案内〜
夏が一気にやってきたなあと思うこの頃。
連休にツアーを組んで行って来たフィンドホーンから
戻りまずはほっとしております。
彼の地の精妙なエネルギーと共に帰国し、しばらく
その中でほけっとしておりましたがそろそろ、
フラメンコにもギアを入れ始めました。

今回は西日暮里のレストラン、アルハムブラのレギュラー
ライブに仲良しの仲間と共に出演いたします。

ほんの短い間だったけれど、スペインで共に汗を流し、
またマエストロ達のフラメンコの深さに涙した仲間と
こうして一つの場を創れることがつくづく嬉しいなと
思います。

日々いろいろなことがありますが、つかの間私達と共に
フラメンコを分かち合って頂ければ幸いです。

詳細は下記の通りです。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます!


*アルハムブラレギュラーライブ*小倉誠司企画

日時 2012年6月7日(木) 1st. 1900~ 2nd 2100~
場所 西日暮里アルハムブラ
   *アルハムブラレギュラーライブ*小倉誠司企画
日時 2012年6月7日(木) 1st. 1900~ 2nd 2100~
場所 西日暮里アルハムブラ
   http://www.alhambra.co.jp/live/index.html
料金 各回ショーチャージ666円+飲食代(要予約)
出演 ギター 小倉誠司 カンテ 森薫里
   パーカッション すがえつのり
   バイレ 浅井美和子 井上朱美 川島郁美
       千葉涼子  永田京子 広瀬麻奈
いよいよ、ワタクシ企画アルハムブラの初ライブの日。
やっぱりいつもと違う緊張感。全体の流れや、場作り
これ、いままで他の人に乗っかって来たけれど、今回は
私が展開したいライブのお披露目でもある。

私が常々思うことは、お客様を置いてけぼりにしないライブ。
フラメンコはとかく、リズムも独特だし、言葉はスペイン語
だし、なんか、知らない人は入り込めない隙のなさがあると
思う。

でも、少しだけ紐解くと、するするとフラメンコを知らない
人たちの心の中に入っていくと思うんだな。

ちょっとだけ、フラメンコの生い立ちを語るだけでも。

そして、それが私達とどこで繋がっているのかも。

***

アジアの真ん中で生まれた歌やリズムが遠く旅して
アンダルシアで根を下し、今のフラメンコができあがった。
様々な民族と風土のエッセンスを取り入れて今のフラメンコが
ある。

ふるさとを超えて、遠く東の果てにたどり着いて日本で
花開いた私達のフラメンコ。ジプシーでもない私達がどうして
こんなにもフラメンコを愛してやまないのか。

それは、私達の全ての感情や屈託を包括して讃えてくれるから。
いのちへの讃歌だからだと思う。

***

春が訪れ、新しい時間が流れ始めた今。
大きく大地が揺れてその余波が今でも続く日本。
不安や期待が入り交じったなんとも言えない時代を迎えて
変化の波に漂うか、飲み込まれるかしている人は少なく
ないでしょう。

私達の中でもいろいろな変化が起きた一年でした。

今までに経験したことの無いような気分や気持ちを取り戻す
時に、必ずフラメンコがあったように思います。

きっとこれからもそうであると思います。
そして、何があったとしても、今日今ここにある奇跡に感謝を
捧げてまた新しい一歩を踏み出せるんだという気持ちで
踊ってゆきたいと思います。

今夜ここで皆さんと共に、この一年の様々な想いや積み上げて来た
時間を分かち合えることに感謝します。

春爛漫*ライブのお知らせ
暑さ寒さも彼岸まで。
お彼岸も過ぎ、風はまだ少し冷たいけれど確実に
春が近づいて来ています。

桜の花が咲き乱れる頃、春のライブが二つあります。

ひとつめ

初めてアルハムブラ企画を主催します!
師匠を招き、カルメラに集う仲間達とのライブです。
それぞれ、今人生の時間の節目に立ち、なかなか以前の
ようには集う事がままならなくなって来た仲間。
だからこそ、この一番を大切に大切に踊りたいと思います。

*アルハムブラライブ*
〜Las de Carmelas〜
Las de Carmelas

日時* 2012年4月7日(土)1st 1900~ 2nd 2100~
場所* 西日暮里アルハムブラ
    http://www.alhambra.co.jp/
    JR・千代田線西日暮里駅より徒歩30秒
料金* チャージ料各回666円+飲食代
出演* ギター 鈴木淳弘 カンテ 森薫里
    パーカッション すがえつのり
    バイレ 小林弘子 相田瑞穂
        甲斐みよこ 春日早智子 広瀬麻奈

要予約@アルハムブラ 03-3806-5017

ふたつめ

老舗タブラオ「カサ・エスペランサ」のレギュラーライブ
にて踊らせて頂きます。初めて自主ライブをやった仲間の
佐藤理恵ちゃんと初めてご一緒する平沢晴美さんと踊り
ます。嬉しい嬉しいライブです。
同時に、きりりと身が引き締まります!

日時* 2012年4月13日(金)1st 2000~ 2nd 2115~
場所* 高円寺 Casa de Esperanza 
    http://tablaoesperanza.com/
料金* 4,000円(チャージ代+タパスとワンドリンク)
    *お知らせ頂ければ500円割引券をご用意します。
出演* ギター 小原正裕 カンテ 川島桂子
    バイレ 平沢晴美 佐藤理恵 広瀬麻奈

要予約@エスペランサ 03-3316-9493(夜)
   @セルバ    03-3383-0246(昼)

昨年から温めて来たソレアを踊る為に、只今掘り下げ中。
孤独の底にある普遍の愛の世界に本のツメの先でも届くと
いいなと願いつつ。
踊るということ
このところ、続けて「踊る」映画を見た。
ピナ・バウシュの「踊り続ける命」と「夢の教室」
そして、二度目の「フラメンコ・フラメンコ」

人生を「踊ること」にかけている、いや踊ることで
人生を創り出している人たちの世界をとっぷり味わった。

私はそんな人たちの足下にも及ばないけれど、
踊ることを抜きに日常が成立たなくなっている。
それで身を建ているかどうか問いことではなく、
生きることが成立たなくなっているのだ。

踊ることは呼吸。
肉体的な呼吸だけでなく、感情や精神、そして何か
大きなものとの一部になる為の見えない体の呼吸。

言葉で語り尽くせないものを語り、自分を今ここに
存在させる。

踊らなければ、それが実際に体に溜まっていく。
筋肉に住み着く様に。そして、自分のものではない
言葉に思考は支配される。

ピナが言う。

怖がらないで踊ってごらん。

そして、

踊り、踊り、踊りなさい
自分を失わない為に。

命を紡ぐために
私達は踊るのだ、な。
copyright © 2017 Toma Que Toma ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。